FC2ブログ

鉄格子の中から

中学3年の時、私自身が精神病を発症し、35歳になる現在に至るまでの色々な闘病体験などを、拙い文章ですが綴らせて戴きます、どうぞ宜しく。

最近の状況

私は今年35歳になった。発病してから約20年経った事になる。心境は、と言われると一言で言えば「人間どこまで行っても苦しい事はあるんだな…」という実感がある。かつて遠い夜空の星のように、輝いていた現実を私は今、生きているのかも知れない。「あそこまでたどり着いたら、きっと楽になれる!」そう信じて疑わなかった日々。しかしどうだろう?ここに至れば至ったで、新たな苦難が待っていた。ここで思ったのは、これは私が羨望のまなざしで憧れている「周囲の人」にも当てはまる事ではないかという事だ。常に人間でいる限り、苦難からは逃げられないんだなぁ…と感じている。
でもだから良いのかも知れない。人間ゴールがあったら面白くないもの。いつも挑戦者でいつも「未完の頂」を目指す存在だからこそ、面白いし貴いのだと最近思う。物事は移ろいゆきながら、徐々に滅びてゆく定めにある。人間だってその定めからは、どうあがいたって逃げられない。「生老病死」の法則は、分け隔てなく誰の上にも容赦なく降りかかる。では人間はただその渦に、巻き込まれる為に生まれて来たのか?その先を考える事が私にはすごく重要に思えてならない。そんなに詰まらないものでは人間はないと思う。でなければ苦しむ意味なんて無いからね。
とにかく最近私は贅沢だ。過去から考えたら天国のような生活を送らせてもらっているのに、もう「のどもと過ぎれば…」になってしまっており、恩恵を忘れかけている。もう一度原点にもどらにゃいかん!これが近況と言えばそうかな。(続く)

心のクリニック新しい風のホームページ

★ブログランキングに登録しています
別窓 | 闘病記 | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<父について① | 鉄格子の中から | 青空>>

この記事のコメント

でなければ苦しむ意味なんて無いからね。と書けるすごさを感じます。確かにそうなのかも。この言葉でらくというか、何かつきものが落ちたみたいな感じがします。よくわからないけど。
2008-10-13 Mon 16:31 | URL | チビチャ #cR7eqe9I[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 鉄格子の中から |