FC2ブログ

鉄格子の中から

中学3年の時、私自身が精神病を発症し、35歳になる現在に至るまでの色々な闘病体験などを、拙い文章ですが綴らせて戴きます、どうぞ宜しく。

悩みの原因は脳の疲れ

あまり具体的に考えた事が無かったが、この2日間位の間に「他の人から客観的に見た自分」という事を考えさせられる出来事が相次いだ。正直、かなりしんどかった。しかし次の段階に到達する為に通らなければならない関門であることはハッキリしていたので、積極的に自己考察を重ねた。その結果、私の分厚い「仮面」が見えてきた。私は仮面を自然とかむるので、内面の「混乱状態」が自他共に表面に現れにくい。それは良いことでもあるのだが、自分も他人も「欺く」事も多々ある。また、この仮面の頑丈さによって平成元年の『大爆発』が起きた可能性が疑われる。頑強な仮面とその裏の「素顔」のギャップが、人格の2極化を招いた事もほぼ事実だと考えられる。
大爆発、といえば今振り返って見るに、その時脳の異常により発生した『強迫観念』が、その後1番苦しめられた症状であった様な気がしだした。いつもいつも、表立っては見えにくいが、強迫観念ありきで非常に苦しんだ事が、一旦治りかけていたからとてもよく分かる。そして強迫観念が酷いと心にゆとりが殆んど無くなるので、つまらない人間になりがちだ。これも今だからこそ、自分を通してよく分かる。いっつも自分の頭に浮かんでくるものに忙殺され、その上その内容がこれまたどうでも良いような事ばっかりなので、泣けてくる。そして頭がパンパンになって苦しいので周囲の人に聞いてもらおうとするのだが、支離滅裂に一方的にわめいているだけだったりするので、本人は救われないし周りからも理解されるのは難しい。
以前にも書いたが、強迫観念は「浮かんできている内容」が重要な訳ではない。「浮かんできてしまう疲れた脳」が問題なのだ。それを患者本人が理解するのはかなり難儀で、しかしこの事実の認識がもっとも重要であるように思われる。奥が深いようで大して奥は深くないのかもしれないが、その強迫観念は本人にとって「至上」であると感じてしまう脳の病の特有の気持ち。ここら辺は一旦良くなってみないと周囲には説明の付けようが無いのは悲しいが事実のようだ。

心のクリニック新しい風のホームページ

★ブログランキングに登録しています
別窓 | 日々雑感
∧top | under∨
| 鉄格子の中から |