FC2ブログ

鉄格子の中から

中学3年の時、私自身が精神病を発症し、35歳になる現在に至るまでの色々な闘病体験などを、拙い文章ですが綴らせて戴きます、どうぞ宜しく。

向かない職種

現在、仕事でもないのに福岡に向かっている。 主治医に薬を貰う為だ。持ち合わせはまだかなりあるのだが、ストックを作りたいので。
今、正直心境が悪い。何が嫌なのかハッキリしないが、多分仕事の事が引っ掛かっているのだろう。この手の病はとかくサービス業が不得意だ。それを分かっててやってるので、あーやこーや気苦労が絶えない。他にも仲間内でのいざこざなんかもあるし、まる投げしたくなる時もよくある。
スポンサーサイト



別窓 | 日々雑感
∧top | under∨

俺は未だに…って訳?(2)

標準、通常、当たり前…嫌な言葉だ。我々 にとっては。
しかし、ここに多きな勘違いがある。この状態に達して「健常者」と俗に言われる方々の気持ちを多少なりとも聴ける様になって来ると、生きてる人間全てが大小の差こそあれ皆大変な問題を抱えている事を、つくづく思い知らされる。
そして同時にこの人の苦しみを聴ける様に成れた事により、私は救われつつある。自分の事しか考えられないと言うのは不幸だ。一人で自分を哀しむだけで人生を終わっては、世界の真実が見えないままだ。
しかし、理屈抜きに病気になるとこうしか考えられなくなる。人の話が聴けなくなった場合、何をどうすれば良いのか私だけでは良く分からない。いつか健常者・体験者混ぜて語り合いたいな。答えが例え出なくても…。
別窓 | 日々雑感
∧top | under∨

俺は未だに…って訳?(1)

パートをしていて、時々…いや殆んど忘れている事がある。自分が未だに「病人」である、という事実。
パート中、色々な場面で辛くなるが、それが病と直結しないのは、病んでいるのが脳であるからだ。
脳がおかしい…等と勘づく人は滅多にいない気がする。微妙だが、経験上そう思う。でも、ある意味ここは重要かも知れない。と、いうのもあるレベルまでの精神病を患い、尚且つ回復し社会に飛び出した人は、必ずと言える程この要素と自覚は無くても闘う運命になるからだ。
他の科では病は物理的に見える形で回復したり悪化したりする事がかなり多い。精神科も勿論脳の具合が悪い事から発病する訳だから例にもれないが、疾患の箇所が箇所なだけに、見えない要素が多過ぎて自覚するのが大変なのである。
この状態は「悩み多き、不安多き、上手く仕事・人間関係の構築が出来ない」が「普通」若しくは「疲れるが普通」の自分…といった病識の持てない人間を生みやすい。仕方の無い事ではあるが。
別窓 | 日々雑感
∧top | under∨

中々上手くいかない

統合失調症してて、働くってマジ大変だよね❗しかもサービス業と来たら尚更だ。自分で作り上げた立場とは言え、正直かなりしんどい。この先、何が見えてくるのか?今は答えは見えなくても、頑張るだけですね、ハイ。
別窓 | 日々雑感
∧top | under∨
| 鉄格子の中から |