FC2ブログ

鉄格子の中から

中学3年の時、私自身が精神病を発症し、35歳になる現在に至るまでの色々な闘病体験などを、拙い文章ですが綴らせて戴きます、どうぞ宜しく。

偽善者なの!?

最近私は「健常者」になった様な気がしていた‥。自分の頭もスッキリしているし、周囲から向けられる「視線」も至って自然な風に感じる。過去の凄惨な体験を忘れよう筈も無いが、今の自分がその話の一部を誰かに話せば、驚愕や言いようの無い恐怖心を与えてしまう可能性すらある「見た目とのギャップ」が、事実存在する。それ故に、心の何処かで、あってはならない「病人達」に対する「差別心」が産まれていた。
自らが病気の実体験を通じて感じてきた、この病独特の「不可解さ」「不気味さ」。これらの事実から逃げたくて、解放されたくて‥余計に「健常者」に成りすましたかったのか、ともかく「私は病人である」と公言しつつ、心の内は必ずしもそうでは無く、むしろ一般の市井の人達より「病人」を忌み嫌っていた気さえする位だ。
この根底の想いはやはり前述した様に、自分に対して向けられたものだろう‥。一般に観て「奇行」「愚行」「常識外」そういった類に見られ続けていたであろう自分の醜態に、ほとほと嫌気がさしており、また実際に起こしてしまった「取り返しのつかない」今思い出しても歯軋りする様な「狂気じみた」行動の数々に対する自責の念。これら全てに決別したかった。だから仕方が無い部分もあるが、本当に大切な事を忘れたがっている様に思う。
それ自体を、今良いとか悪いとか、軽々に言える事ではない。そもそもそれは、私の人生のほぼ全てに値するほど、重く、重要な事案であるからだ。様々な矛盾を孕み、未だに答えは分からないというのが本音である。私の今後の人生如何にも因るが、人間の人生なんて、深すぎて複雑すぎて、言葉にする事の方が不可能な気がする時すらある。
しかし人間とは不思議なもので、「人」と話す事によって自分の今現在の状態や度量を、少なからず推し量る事が出来る。そしてそれはとても大切な行為だと感じる。「人」が「人」によって生かされる意味の所以であると思う。
何の話か段々分からなくなって来た。とにかく「健常者」と「病人」の区別なんて、医学上存在するだけで本当は無いのかも知れない。考えれば考える程、沼地に足を取られる様だ‥それでも見て見ぬ振りが出来ないのが元病人の証なのか!?これはノイローゼ!?そして一体私は何者?
今日はもう寝る事にする。

心のクリニック新しい風のホームページ

★ブログランキングに登録しています


スポンサーサイト



別窓 | 日々雑感 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 鉄格子の中から |